オーダースーツを選ぶポイントについて

自分の体系に合わせるだけではなく素材の一つ一つを自分で選びながら決めることができるのがオーダースーツの最大の魅力ですが、だからこそどのようにオーダーすればいいのかわからないという人も少なくないです。そういう人向けに、オーダースーツを作るためのポイントというものが存在しており、そのポイントを抑えることによって失敗せずにオーダーすることができます。まず、一番重要なのは自分のサイズに合わせたものをオーダーするというところです。ただサイズに合わせればいいというだけではなく、生地に関しても注意をしながら選ぶというところがポイントになります。

というのも、サイズによって映えてくるデザインや柄などは異なってきますし、あまり派手すぎるものはビジネスマンとしては避けたほうがいいとされています。その際基本とするべきなのは、肩幅がタイトになっているもの・ウエストに絞りがあるなどの細身作りの方がビジネスマンという仕事柄に適しているとされており、太っているからといってそれをシャツなどでごまかそうとすると逆に見栄えが悪くなるといわれています。そして、オーダースーツを作る場合は背が高い人ならば濃い目の無地の素材、逆に低い人は縦のストライプなどが適しているとされています。そして太目の人はノータックのジャストスーツがおススメされており、それぞれの生地や柄によって体型をカバーしたりすっきりみせることができるようになっています。

Filed under: 北広島IC(高速), 洋服お直し, 生活/暮らしTagged with:

No comment yet, add your voice below!


Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Comment *
Name *
Email *
Website